保証とは

 保証契約、保証人など保証という用語を一般的によく聞きますが、法律上、保証契約についてどのように定められているのでしょうか。

 あ、ついでに私は一番仲の良かったと思っていた親友のオートローンの保証人になったところ、本人に飛ばれ約400万円を支払った経緯があります。。

 さて、いきなり脱線しましたが、保証債務とは、例えば、債務者であるAさんが債権者であるXさんに対する債務の弁済を担保するために、保証人であるBさんが債権者であるXさんに対して負う債務のことをいいます。

 保証債務は独立した債務です。すなわち、債務者Aさんと債権者Xさんの間で成立している主たる債務と、保証人Bさんと債権者Xさんの間で成立している保証債務は別の債務です。

 保証債務は主たる債務に付従します。すなわち、主たる債務が消滅すれば、保証債務も消滅します。さらに、保証債務はその内容において、主たる債務より軽くすることはできますが、重くすることはできません。

 保証債務は担保の一つであるため、債権者が代わった場合には、随伴して新しい債権者へ移ることになります。

 保証債務の補充性というものがあります。これは、保証人は、主債務者がその債務を履行しないときにはじめて履行の責任を負うというものです。保証債務の補充性は催告の抗弁権、検索の抗弁権に現れています。

 催告の抗弁権とは、債権者Xさんが保証人Bさんに金を支払えと言ってきた場合に、まずは主債務者Aさんに対して請求してくださいと言える権利のことをいいます。

 検索の抗弁権とは、債権者Xさんが強制執行をしてきた場合に、主債務者Aさんに執行すべき財産があるので、先にAさんに執行してくださいと言える権利のことをいいます。

 保証契約は債権者であるXさんと保証人であるBさんとの保証契約によって成立することになります。保証契約は重大な責任を負う契約であるため、保証契約は書面でしなければその効力を生じないと定められています。

 保証債務の中身についてみてみますと、主債務者Aさんと債権者Xさんとの間の500万円の主たる債務について保証するという契約をしたのであれば、500万円を保証することになります。もっとも、保証人Bさんと債権者Xさんに間で250万円だけ保証する契約をしたのであれば、そのような保証契約が成立します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です