請負とは

 どうも栗原です。
 最近は少し仕事が忙しく、1ヵ月に1本のペースとなっておりますが、ご容赦ください。

 本日はですね、請負について解説したいと思います。

 仕事を請負う、請負人など請負という用語は日常的によく聞きますが、法律上はどのように定められているのでしょうか。

 請負とは、当事者の一方である請負人がある仕事を完成することを約し、相手方である注文者がその仕事の結果に対して報酬を与えることを約束することによって効力が生じる契約であると民法上定められています。たとえば、Aさんが大工であるBさんに家を建ててもらう契約をした場合、これは請負契約にあたります。

 請負契約は仕事の完成が目的であるため、報酬は特約がない限り後払いとなります。すなわち、その完成した目的物の引渡しの時あるいは仕事を完了した時に報酬を受け取れることになります。

 請負契約は当事者の合意のみによって成立する諾成契約です。

 請負人は請け負った仕事を完成させる義務を覆うことになります。下請負をさせた場合においては、請負人は、下請負人に故意過失があった場合に責任を負うことになるため、注意が必要です。

 請負の目的が家の建築など有形のものである場合、請負人は完成物を注文者に引き渡す義務があるとされています。上記の例でいえば、AさんはBさんに対して完成した家をBさんに引き渡す必要があります。

 完成した仕事の目的物に瑕疵がある場合においては、請負人は瑕疵担保責任を負うことになります。これは無過失責任であり、注文者は解除と損害賠償の双方を行うことが可能です。もっとも、建物その他土地の工作物については解除ができません。これは解除して全てを原状回復するとなると莫大な費用がかかり、社会生活上不経済であると考えられているためです。

 目的物の瑕疵が注文者から供した材料の性質や注文者の指図によって生じた場合においては、担保責任はありません。もっとも、請負人がこれらの材料や指図が適当ではないと分かっていながら告げなかった場合には、担保責任を負うことになるため注意が必要です。

 担保責任の存続期間は原則として引き渡しから1年となります。しかし、土地工作物の場合は、工作物またはその地盤の瑕疵については引き渡しから5年、石造、土造、金属造のような堅固な工作物については10年となります。このような瑕疵についてはすぐに分からないことが多いからであると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です