委任とは

 委任状や仕事を委任するなど、日常で委任という言葉をよく聞きますが、法律上、委任とはどのようなものなのでしょうか。

 民法643条では、委任は、当事者の一方(委任者)が法律行為をすることを相手方(受任者)に委託し、相手方がこれを承諾することによって効力を生じるものと定められています。

 委任された法律行為についてはその完成は目的とされていません。請負は仕事の完成を目的としているため、この点で委任と請負は異なるといえます。

 委任は、この人だからこの仕事を頼もうという、いわば当事者間の信頼関係が基礎にあります。委任をされた仕事については受任者に一定の裁量があります。この点で、指示された仕事を行う雇用とは異なるといえます。

 現在行われている委任契約のほとんどは受任者が報酬をもらう有償委任ですが、民法上、委任では特約がないかぎり受任者は報酬を請求することはできません。

 委任は当事者の合意のみによって成立する諾成契約です。民法上、委任者・受任者どちらからでもいつでも委任契約を解除することができると定められています。これは委任契約が当事者の信頼の上に成り立っており、信頼関係がなくなった以上はいつでも契約を解除できるようにしたものであるといわれています。

 受任者は、善良な管理者の注意義務をもって受任した仕事を処理する義務を負うこととされています。これを善管注意義務をいいます。すなわち、自分のものを管理するよりも高い注意義務をもって受任した仕事を処理するべきであるということです。

 受任者は委任者の請求に応じて状況を報告したり、終了後に結果を報告する義務があります。そして、委任事務処理にあたって、受け取った金銭その他の物があるときは、それを委任者に引き渡す必要があります。受任者が、委任者のために自己の名前で取得した権利があるときはそれを委任者に移転する義務を負います。受任者が委任者に引き渡す必要のある金銭を自分のために消費してしまった場合には、その消費した日以降の利息を支払う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です