遺贈とは

今回は相続について書いてみたいと思います。

相続の際に遺贈という言葉を聞くことがありますが、遺贈について法律上どのように定められているのでしょうか。

 遺贈とは、遺言によって自らの財産を無償で他人に与えることをいいます。民法964条では、遺言者は包括または特定の名義で財産の一部または一部を処分することができると定められています。

 遺贈は原則として自由に行うことができます。もっとも、964条但書で被相続人の意思では奪うことができない相続分を定めているため、その範囲内でのみ遺贈が認められているため、注意が必要です。

 遺贈には相続と似た部分があり、受遺者が遺贈者の死亡以前に死亡したときには遺贈は効力を失うことになります。また、遺贈に停止条件が付いており、受遺者が条件が成就する前に死亡した場合においても、遺贈は効力を生じないことになります。もっとも、遺言に別段の定めがあるのであれば、それに従うことになります。

 遺贈の場合も、相続と同じく胎児は既に生まれたものとみなされます。また、相続欠格者は受遺者になることはできません。
 遺贈の中に特定遺贈というものがあります。これは、遺贈の対象が特定の財産であったり種類によって指定されている場合をいいます。その中でも目的物の種類によって特定物遺贈と不特定物遺贈に分けられています。

 特定遺贈において遺贈を実行する義務を負う遺贈義務者がいます。一般的に遺贈義務者は相続人ですが、包括受遺者も含まれます。遺言執行者が定められている場合においては、遺言執行者が相続人の代わりに遺贈義務者になります。

 特定物遺贈についてみてみますと、遺贈の目的物が遺贈者が死亡した時点で相続財産に属していなかった場合においては、遺贈は効力を生じないことになります。もっとも、相続財産に属していなかった場合でも遺贈の目的とする趣旨である場合においては、その限りではありません。

 遺贈者が死亡した時点で遺贈の目的物に第三者の権利が付着していた場合においては、受遺者はその権利を消滅させることを遺贈義務者に請求することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です